【オンラインカジノ徹底比較】収益期待値を最大化するネットカジノ戦略

人気のオンラインカジノを徹底比較してみました。日本語対応のオンラインカジノをメインに、入出金方法の解説から、各カジノの安全性・健全性比較・ボーナスやジャックポットの違い・ペイアウト率の比較など、オンラインカジノに関する情報を徹底的に比較しています。評判や口コミなどから、ヘビーユーザーの評価などもご紹介していますので、ご参考にしてもらえたらと思います。

ベラジョンカジノでの、クレジット明細利用店名がころころ変わる件

ベラジョンカジノでの、クレジット明細利用店名がころころ変わる件

みなさん、こんにちは。
今日は、ベラジョンカジノに入金した際に、
クレジットカード明細に記載される利用店名について。

記憶にない、CNYでの決済

クレジットカードの請求明細を見ていると、
見たこと無い利用店名で、CNY(中国人民元)での決済がいくつか。

これなんだろう。
オンラインカジノは、全てドル口座にしてるし、
中国のオンラインショッピングなんて使ったことないし、
この先も使うわけない。笑

うーむ。

と散々調べた結果、ベラジョンカジノでした。

ベラジョンカジノも、もちろんドル口座なのですが、
CNYで決済でした。

というか、ベラジョンカジノは、
口座の通貨選択出来なかったような・・・?

オムニカジノは、通貨設定できるので、
日本円口座にすることが可能です。

と言っても、プレイ時の残高等が、
日本円で表示されるだけ。

オムニカジノは、
日本のクレジットカード決済対応してないので、
結局、Netteler経由での入金になります。
つまりは、円建て決済もされないし、
なんの意味があるのか。

残高表示が日本円ということは、
外貨表記よりプレイ中の金銭感覚は、
保てるかもしれません。笑

日本円口座に対応している数少ないオンラインカジノですね。
http://www.omnicasino.com/jp/

ベラジョンのクレジット明細記載名

オンラインカジノデータベースのベラジョンの記事を書いた際には、
「AHAPPYDEAL」という利用店名の記載でしたが、
最近の過去分をさかのぼって、クレジット明細を見てみると、ころころ変わってました。

決済する時期によって、変わってますし、
切替の時期になると、同じ日の決済でも、
利用店名が違うなんてことも。

下記、ベラジョンの2月以降の利用店名です。

COOLIT GRP8883336988
PINHEAVEN
JQUJREOK.COM

まだ、他にもあるかもしれませんし、
おそらく、今月も来月も、
また変わるのでしょう。

やっぱりPayPalやNettelerが安心

数年前、海外サイトでカード決済した後に、
不正利用された事があったので、
それ以来、PayPalを使うようにしてきました。

アメリカやヨーロッパのサイトで決済する時は、
いくら、そのサイトがカード決済に対応していても、
PayPal経由でカード決済する。という感じで。

これも同様に、やっぱりNetteler経由の方が安心ですね。

こんなにころころ利用店名が変えられると、
本当に不正利用の被害にあった時に、
気づかない可能性ありますし。

Neteller経由なら、クレジット明細の記載名は、
「NETELLER」で統一です。

一々、ベラジョンの入出金履歴と
クレジットの利用明細を見比べるのがめんどくさすぎる。笑

日本国内のクレジットカード対応カジノ

日本国内のクレジットカード・デビットカード入金対応カジノとしては、
ベラジョンカジノ
スマートライブカジノ

この2つがあり、
個人的には、NETELLER口座を開設する手間が無いという点で、
その点をかなり評価してきたのですが、
こうなってくると、もはや、その点は評価に値しない。
という判断をしました。

今回の一件から、
入金の手軽さという面のメリットと、
それに伴うデメリットを認識した為、
ベラジョンカジノをランキング降格させます。

他のオンラインカジノレビューサイトでも、
ベラジョンカジノは、入金が便利。
という触れ込みで高評価されていますが、
そういう方々は、この点、何も感じないのでしょうか。

僕は気になってしょうがないんですが・・・。笑

既に、オンラインカジノを楽しんでいる方も、
これから、オンラインカジノを始めようという初心者の方も、
こういった事がありますので、
出来るだけ、Netteler経由で入金されることをオススメします。

不正利用にあった時の対応

上で書いた通り、
僕自身、過去に、海外の通販サイトで、
カード決済した後、不正利用の被害に逢いました。

というか、全然気づいていなかったのですが、
急にカード会社から、電話があり、
「先日、不正利用と思われる記録が残っております。今から、先日決済のあった利用店・金額を1つずつ申し上げますので、ご自身で利用されたものかお伺いさせてください。」

と言われ、一つ一つ聞いていくと、
どれも全く記憶にないんですが、
その件数が20件近くありました。笑

僕の場合、カード会社が、迅速に対応してくれたので、
そのままチャージバック(決済拒否)ということで、
実被害は一切なく、そのままカード番号を変更(カード再発行)してもらい、
ことなきを得た訳ですが、
これに関しては、ケースバイケースだと思います。

海外サイトで、直接カード番号を入力して、
決済されるような方は、
常に、明細をチェックすることをオススメします。

そして、不正利用と疑われる記録があった場合は、
カード会社に電話。

カードにより異なるかもしれませんので、
これはご自身のカード会社にご確認頂きたいのですが、
過去の決済をキャンセルできる期限があります。
(僕のカードの場合、90日か180日だったような・・。)

なので、不正利用されたら、
すぐに電話をしないといけない訳ではないですが、
出来るだけ早く電話しましょう。

また、可能であれば、
PayPalやNettelerなどのセキュリティのしっかりした、
信頼できる、決済サービスを利用すること。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
Translate »